Application

Browse Products By

Contact

eBioscience製品の在庫・価格につきましては下記までお電話でお問い合わせ下さい。

eBioscienceホットライン
電話 03-6430-4070 お問い合わせ先一覧へ

Immunohistochemistry and Immunocytochemistry

細胞や組織からタンパク質抗原を検出するには、ウエスタンブロッティングやフローサイトメトリーなどさまざまな方法があります。他に広く利用されている生命システムの探索の方法として、タンパク質の局在とその相関性を直接観察することが出来る顕微鏡観察があります。組織や細胞メカニズムを直接観察することは、現在では臨床診断の領域で不可欠となっているのと同様に、基礎研究でも活用されています。ターゲット抗原を、酵素や蛍光色素と結合した抗体によって直接的にラベルする方法、または二次抗体や試薬反応を介して間接的にラベルする方法があります。eBioscienceは蛍光顕微鏡で使用できる確かな品質の製品をお届けします。また、お客様のご希望の抗体にeFluor標識するカスタマイズ抗体作成も承っております。詳しくはアフィメトリクス・ジャパン(株)までお問合せください

Antibodies for IHC and ICC Secondary Reagents Buffers and Solutions
顕微鏡観察対応の製品性能の検証がされている抗体です。細胞、凍結組織やパラフィン包埋組織に対応しています。最適な明るさと安定性のために、eFluor NanocrystalsやeFluorシリーズで直接蛍光標識された抗体をご提供します。
免疫細胞/組織染色用製品リスト:ICC
免疫細胞/組織染色用製品リスト:IHC
eFluorシリーズをはじめ各色素で標識されたストレプトアビジンはもちろん、抗マウス、ラット、ウサギ、ハムスターの一次抗体の検出試薬です。
プレパラート封入剤や濃度の異なるタンパク質ブロッキング試薬など、染色に使用する最適な試薬類です。