Application

Browse Products By

Contact

eBioscience製品の在庫・価格につきましては下記までお電話でお問い合わせ下さい。

eBioscienceホットライン
電話 03-6430-4070 お問い合わせ先一覧へ

Immunoprecipitation and Western Blot

Immunoprecipitation (IP)

免疫沈降(Immunoprecipitation:IP)は、セルライセートのような不均一なタンパク質サンプルから、特定のタンパク質やタンパク質修飾またはタンパク質のモチーフを濃縮する方法です。濃縮は、未変性または半未変性状態のタンパク質を広く認識する抗体を用いて行います。免疫沈降後に、ウエスタンブロット解析やその他のアプリケーションを行うケースも多くあります。免疫沈降法は、微量なタンパク質の検出やタンパク質の相互作用、翻訳後修飾されたタンパク質(PTMs)の検出などに利用されます。

Western Blot (WB)

ウエスタンブロットまたはイムノブロットは、サンプルのタンパク質修飾や関連するタンパク質の決定に有効な方法です。変性したタンパク質はSDS-PAGEにより分離され、メンブレンに転写され、そこで抗体により検出されます。相対的な強度やブロットされたタンパク質の位置から、目的タンパク質の同定や定量性を調べることができます。

Antibodies
ガン、アポトーシス、細胞シグナリング、細胞接着、神経科学、そして幹細胞(stem cell)などの研究分野のターゲットに対する高感度で検出できる抗体です。
Antibodies for IP / WB