Contact

eBioscience製品の在庫・価格につきましては下記までお電話でお問い合わせ下さい。

eBioscienceホットライン
電話 03-6430-4070 お問い合わせ先一覧へ

Application

FC : Flow Cytometry, Intracellular Staining/Flow Cytometry

ELISA : ELISA, ELISPOT, Multiplexing Immunoassays

ICC : Immunocytochemistry

IHC : Immunohistochemistry, Immunofluorescence, Microscopy, Imaging, In Vivo Imaging

FA : Functional Assays, Bioassays, Neutralization, Depletion Studies, Biomolecule Conjugation

WB : Immunoprecipitation, Western Blotting

Anti-Mouse CD218a (IL-18 Receptor alpha)

製品情報

製品番号:12-5183
形状: 水性緩衝液、0.09% アジ化ナトリウム、 必要に応じて安定剤を含む
保存条件: 2-8°C
isotype: IgG2a, kappa
clone: P3TUNYA

host: Rat 
種交差: Mouse 
標識: PE  
IL-1RP, IL-1R5, CD218 
価格
Cat. No. Size Price キャンペーン価格
12-5183-80 25 ug ¥21,900  ¥13,140   
12-5183-82 100 ug ¥55,100  ¥33,060   

性状

このP3TUNYAモノクローナル抗体は、マウスCD218a(インターロイキン18受容体アルファ)と反応します。CD218aは、IL-18サイトカインに対するヘテロ二量体受容体複合体のサブユニットの1つです。IL-18は炎症性サイトカインであり、毒素ショック中のIFNガンマ分泌で担う役割から初めて同定されたIL-1ファミリーのメンバーです。ファミリーのその他メンバーと同様、不活性前駆体として合成され、活性型の分泌にはカスパーゼによる開裂が必要です。活性化した単球、マクロファージ、上皮細胞及び角化細胞から非古典的経路を介して分泌されます。

IL-18受容体はTh1に発現しますが、naïve CD4 T細胞やTh2には発現せず、NK細胞及び好中球のサブセットにも発現しません。ヘテロ二量体受容体は、リガンド結合アルファ鎖とシグナル伝達ベータ鎖から構成されています。IL-18Raは自然にIL-18と低親和性で結合しますが、IL-18Rbとの複合体を形成するとこの相互作用の親和性が上昇します。IL-18Rシグナル伝達は、Th1の分化及びエフェクター機能で重要な役割を担い、IFNガンマ、TNFアルファ及びT細胞とNK細胞に由来するFasリガンドの発現増加が導かれます。IL-18は、Th17細胞の成長及び機能においてIL-23と相乗作用することも見出されています。最近では、CD8 T細胞のサブセットがIL-17A及び場合によってはIL-22とともにIFNガンマを共分泌することが発見されました。これらのTc17細胞は、重要な転写因子、ケモカイン受容体及びサイトカイン受容体をTh17細胞と共有します。ヒトでは、この集団がCD161及びIL-18Rの発現から同定されています。現在のところ、CD161同族体はマウスで同定されていないため、IL-18RはマウスTc17フェノタイピングでは、CD161のサローゲトとして使用可能なのではないかと示唆されています。

用途

このP3TUNYA抗体は、フローサイトメトリ解析での使用が報告されています。

試験

このP3TUNYA抗体は、マウス脾細胞のフローサイトメトリ解析で試験しており、1テスト当たり0.125 µg以下で使用できます。テストは、最終容量100 µLの細胞サンプルを染色する抗体の量(µg)で規定されます。細胞数は経験的に測定されますが、テスト毎に105から108の範囲で行われます。至適抗体濃度はそれぞれのアッセイで調べられることをお奨めします。

文献

Lalor SJ, Dungan LS, Sutton CE, Basdeo SA, Fletcher JM, Mills KH. Caspase-1-processed cytokines IL-1 beta and IL-18 promote IL-17 production by gammadelta and CD4 T cells that mediate autoimmunity. J Immunol. 2011 May15;186(10):5738-48.

Billerbeck E, Kang YH, Walker L, Lockstone H, Grafmueller S, Fleming V, Flint J, Willberg CB, Bengsch B, Seigel B, Ramamurthy N, Zitzmann N, Barnes EJ, Thevananyagam J, Bhagwanani A, Leslie A, Oo YH, Kollnberger S. Bowness P, Drognitz O, Adams DH, Blum HE, Thimme R, Klenerman P. Analysis of CD161 expression on human CD8+ T cells defines a distinct functional subset with tissue-homing properties. Proc Natl Acad Sci USA. 2010 Feb 16;107(7):3006-11.

Hamada H, Garcia-Hernandez Mde L, Reome JB, Misra SK, Strutt TM, McKinstry KK, Cooper AM, Swain SL, Dutton RW. Tc17, a unique subset of CD8 T cells that can protect against lethal influenza challenge. J Immunol. 2009 Mar 15:182(6):3469-81.
製品群
Cat. No. Format Reported Applications
12-5183-80 Anti-Mouse CD218a (IL-18 Receptor alpha) (clone P3TUNYA) PE, 25 ug FC 
12-5183-82 Anti-Mouse CD218a (IL-18 Receptor alpha) (clone P3TUNYA) PE, 100 ug FC 

データー

Staining of BALB/c splenocytes with Anti-Mouse CD3e FITC (cat. 11-0031) and 0.06 ug of Rat IgG2a K Isotype Control PE (cat. 12-4321) (left) or 0.06 ug of Anti-Mouse CD218a (IL-18 Receptor alpha) PE (right). Cells in the lymphocyte gate were used for analysis.

最新の製品詳細については、データシートをご覧ください。